Photo by Koji Fuji NAKASA&PARTNERS

Steinway & Sons ShowRoom

スタインウェイ&サンズのアジアにおける旗艦店を天王洲アイルに設計した。

我々はスタインウェイ&サンズのクラフトマンシップや哲学、楽器としての美しさ、歴史を体現できる空間造りを目指した。

このショールームで感じるスタインウェイ&サンズのすべては、「モノ」という概念を超えて、愛着という感情を芽生えさせる空間となる。

 

■スタインウェイの響きを象徴するファサードの弦スクリーン

スタインウェイピアノ構成部品数とほぼ同じ約12000本のステンレスワイヤーをファサード面に張りめぐらせます。

ピアノには20トンもの弦張力がかかり、それによりピアノの響きが生まれています。

それと同様に、ワイヤーにかけられた目には見ることのできない張力によって、精巧に作り上げられたピアノ内部のような 静謐さ・緊張感を空間にもたらします。

また、スクリーンの前を通るとモアレ現象によって、スクリーンがゆれているように感じられ、あたかもファサードが音楽を奏でるかのようで、ピアノを買うというお客様の気分を盛り上げてくれます。

 

■ヨーロッパの邸宅を思わせる「エントランスラウンジ」

「スタインウェイピアノは家族の大切な一員である」というコンセプトを実現するため、スタインウェイピアノのある暮らしを感じることのできるヨーロッパの邸宅を思わせるエントランスラウンジをつくりました。

壁面にはブックギャラリーを設け、スタインウェイの歴史、哲学、そして、これからのビジョンについてお客様へ情報発信するため、関連する本やアイテムをセレクションし陳列します。

また、スタインウェイ&サンズは最初の特許を1857 年に取得以降、実に125以上の特許を取得しており、それらを壁面に並べ、一堂に眺めることのできるパテントウォールを作ります。

パテントウォールの壁面は、ピアノの黒塗り塗装の起源とも言われる漆塗りとし、パテント一枚一枚を掘り込みの中にディスプレイすることで、これまで培ってきた伝統と歴史を丁寧に守っていることを印象付けます。

 

パテント…パテントは真鍮製で砂型という伝統的な製法によって焼きあげられ、こちらもクラフトマンシップを象徴しています。また一枚一枚丁寧にパテントナンバー・パテントネームが刻まれており、これまでの歴史と伝統を刻印しています。

 

フローリング…最も手間のかかるヘリンボーン貼りとすることで、スタインウェイの木工クラフトマンシップ精神をインテリア空間に再現しています。また使用する木材はピアノで使われているブナ・ブビンガ・ウォールナット・メープル・マホガニーの5種類を使用しています。

 

これらによって、伝統と実績に裏打ちされた重厚感のあるインテリアを実現しています。

 

■ショーケースとしてのチューニングルーム

チューニングルームで一流の調律師がピアノを仕上げている姿をショーケース化することで、訪れたお客様に対して商品に関するブランドへの安心感や憧れを抱いてもらいます。

調律時以外は、スポットライトを浴びたピアノが建物外から見ることができ、昼夜を通して街を歩く将来のお客様へアピールし、クラフトマンシップを駆使し年月をかけて完成された、まさに芸術作品が飾られる「ショーケース」となります。

 

壁面は、コンサートホールの壁面の反響板と同様の効果を生み出すため、凸凹のある壁面とし、こちらもピアノで使われているブビンガとメープル材を使用しています。

チューニング1ではスタインウェイピアノの響き板に使用されているリブ構造をそのまま壁面に設けます。連続するリブによってうっすらとピアノの形が浮き上がらせるとともに、コンサートホールの緞帳をイメージさせます。

 

スタインウェイ&サンズを構成するクラフトマンシップや哲学、楽器としての美しさ、歴史を一度細分化し、建築として構築しなおすことでスタインウェイ&サンズというブランドに、感情や情景、体感を生む空間となっている。

 

 

Concept for Steinway & Sons Showroom

 

We have designed the Asian flagship store of Steinway & Sons in Tennoz Isle. Our aim was to create a space where their clients can feel Steinway’s craftsmanship, philosophy, history, and the beauty of their instruments. Clients will feel attached to everything about Steinway in this showroom, beyond the concept of “objects”.

 

■String Screen on the façade to represent the echo of Steinway

We have stretched about 12,000 stainless wires, which is the same numbers of wires as are in Steinway pianos, around the façade. Pianos receive 20-ton string tensions, which create the echo. In the same way that the piano wires receive tension, which cannot be seen with the human eye, the stainless wires on the facade bring the space both tranquility and a tense atmosphere. Also, to liven up the clients’ mood to purchase a piano, when they walk in front of the string screen, it almost feels like the screens are trembling and making music. 

 

■Entrance Lounge resembles European manors

We created an entrance lounge that resembles the lifestyle of Steinway pianos in European manors to achieve a concept of, “the Steinway piano is an important part of a family”. There is a book gallery showcasing books and items to show Steinway’s histories, philosophies, and future visions. Additionally, Steinway & Sons have acquired more than 125 patents since their first acquisition in 1857. We have created a “patent wall” where all of them are displayed. This wall is lacquered, which is said to be an origin of the black color coating of pianos. Each patent is displayed inside the engraved surface of this wall, giving visitors the impression that Steinway is preserving their traditions and histories.

 

Patents… Patents are made out of brass, and baked in a sand mold. This traditional manufacturing process represents their craftsmanship. Each plate has patent number and name engraved, sealing their traditions and histories.

 

Flooring… We installed a Herringbone floor to reproduce Steinway’s woodworking craftsmanship spirit in the interior space. We used 5 kinds of wood (beech, bubinga, walnut, maple, and mahogany), which are also used for making pianos.

 

These details add dignity, which is backed by traditions and records, to the interior.

 

■Tuning room that also works as a showcase

By showcasing the tuning process, visitors can feel a sense of security and admiration. Even when one isn’t being tuned, you can see a piano in the spotlight from outside the building. It’s literally a “showcase” where clients can view the works of art created over time by artisans.

 

For the walls, bubinga and maple wood is used similarly to how Steinway uses it in pianos. To make the same effect as the concert hall’s echo board, the surface of the walls is uneven. For Tuning Room 1, rib structure, which is used in the Steinway pianos, is used on the wall. The continuous ribs are in the shape of a piano, and at the same time, they remind you of the drop curtain of concert halls.

 

By recreating the craftsmanship, philosophies, the beauty of the instruments, and the history as architecture that embodies Steinway & Sons, this showroom has become a space to add feelings, scenes, and experiences to the brand (removed comma) Steinway & Sons.

LINK

NEWS

Please reload

  • Instagram
CONTACT

東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-2 グレインズビル5F 53

Tel:03-6661-6535

ogata@saltdesign.jp

Ⓒ2020 SALT.LLC